へそぽぴ🐶ブログ

株式投資に関するブログです。個別銘柄についても触れます。

簡単な投資、わかりやすい投資

簡単な投資をしましょう、とは初心者向け投資本によく書かれていることだと思いますし、それは確かに魅力的に感じます。私にとって魅力的である簡単な投資とは、「売買判断を迷わなくて済む」という投資です。

来週ブラックマンデーが来るとか、逆金融相場で終わりの始まりだ、とか様々なことが言われていますが、それでも売買判断を悩まなくて済む簡単な投資をしていれば暴落はチャンスになり得ます。

 

保有株が下がっているときに考える事は人それぞれですが、おそらく多くの投資家心理としては、

・損失が拡大していく

・どこまで下がるのだろうか

・他のホルダーに対して逃げ遅れるのではないか

・市場環境が悪いのに株をしていていいのか

・もう株なんてしなきゃよかった

こういう状態だと思います。私も投資を始めて数年はそうでした。

でも今の私にとっては、全部不要です。

f:id:investdad:20210619141503j:image

いかに暴落を利用できるか、最近はこればかり考えています。

 

結果、必要と感じることは、今のポジションで勝てるという見立ては変わっていないだろうか。その一点です。やらなければならないことは、チャートに線を描いてお絵描きすることでもなく、TLをさかのぼって他のプレイヤーのおはぎゃあに共感することでもなく、ただただ保有株のストーリーが崩れていないか、その一点です。

 

今回の記事ですが、思うところがありキーボードを叩くことにしました。様々な投資家さんが暴落時にはポジションを外すよう推奨しており、世間から中長期投資をする投資家が減っているように感じます。だからこそ、人の裏に道ありで優良銘柄を保有する投資家が報われる日も近いのではないでしょうか。

具体的な話に移ります。

私が所有している主力銘柄のうるる(証券コード3979)が決算発表を受けて暴落しました。

f:id:investdad:20210619142544p:image

高値からは約25%の下落です。言い換えると価格が25%下がると同時に、同じ金額で25%多くの株券が手に入る状況となりました。本当にストーリーが崩れていないなら、優良企業の下落調整局面は最大の買いチャンスになります。だからこそ暴落局面で一番にやるべきことは、狼狽してチャートにお絵描きすることではなく、再度ストーリーが崩れていないか、数字を使って確認することだと思うんです。

私が投資戦略を立てる際にやっていることは単純です。

①ゴールの設定

②経過の予測

③成功確度の確認

以上3点を頭の中で整理していきます。今回はそれを文章にまとめてみたので少しでも参考になれば幸いです。

 

①ゴールの設定

今回の差し当たりのゴールとは、FY24/3中期経営計画の達成です。ここで重要なことは中期経営計画が達成された際に本当に株価が割安かどうか、ということです。未来の成長を織り込んでいる成長株がいかに成長したとしても、その未来時点で買いたい人が出現しないのであれば絵にかいた餅にすぎません。ゴールの時点でうるる社が掲げている売上は58億、EVITDAで15億です。一般的にこの手の利益率の会社がEV/EVITDA20以下で放置されるということはここ数年起こっておりません(暴落時でこのくらい)。つまりゴール時点での企業価値を考えるとどんなに小さく見積もっても300億の時価総額は許容されるでしょう(EVITDA15億の時点で、営業CFはさらに積みあがっていますからね)。それに対して現在の時価総額が100億強なので、ゴールにたどり着くとしたら2年で3倍になります。なるほど、ここは十分投資妙味がありそうです。

 

②経過の予測

うるるの主力セグメントNJSSにしぼって見ていきましょう。

f:id:investdad:20210619140928j:image

中期経営計画最終年度のNJSSセグメントの予想売上高は27億円。ここを分解することがスタートです。

f:id:investdad:20210619140737j:image

まず右肩上がりのARPUについて、現在1223円/dayですが、既存の割引顧客が脱退して新規顧客に入れ替わっていることから、近年は徐々にARPUの上昇が見られます。ここがある程度頭打ちになるというコンサバな予測として、最終年度はせいぜい1350円と仮定しましょう(ここでは極めて保守的にそして単純に計算するために、プロダクトリニューアルによるARPUの上昇は見込まず)。

すると

1350円×365日=492750円、有料契約1件当たり約50万円の年間売上となります。

目標とする27億円を達成するには、

27億÷50万円=5400件の契約数が必要となります。

現在の契約数は3960件となっており、これからの3年で、

5400-3960=1440件の新規契約数が必要なことがわかります。

つまり年間480件、四半期120件のペースで新規契約増が進めばよいことになります。

これを今期の新規獲得ペースと照らし合わせてみると、

あれれ、気づくことがあるはずです。

f:id:investdad:20210619140758j:image

今の時点の伸びを維持するだけで、中計達成可能???????

そうです、これから人材採用や積極投資をして無理やり伸ばすのではなく、今の時点の伸びが続くだけで十分達成可能な数字なんですね。

この数字をさらに伸ばすべく投資に打って出るものの、社内ではかなり余裕を持たせた計画となっているようです。これは数字を落とし込まないと直感的にはとても分かりにくいものです。かくいう私もこんなに中計を上振れさせて大丈夫なのか?かなり投資をしないと追いつけないのではないか?と心配しましたからね。

 

③成功確度の確認

経過が予想できたらあとはその通りにストーリーが進んでいるかHPなどから情報を仕入れて確認するのみです。

株式会社うるる(東京都中央区 代表取締役社長:星 知也、以下「うるる」)が運営する「入札情報速報サービスNJSS(エヌジェス)」は、2021年5月11日に有料契約件数が4,000件を突破したことをお知らせします。

このリリースは参考になりますね。

本来、3月⇒4月の時点では年契約の解約(更新せず)が相次ぐため、契約件数が一時的に落ちる傾向にあります。過去を見ても4Q⇒1Qで契約件数が落ちていることがしばしばあります。3月年度末解約数>4-6月新規契約数となっていた訳ですね。

ところがこのリリースから分かることは、年度末3960件に対してたったの40日で+40件の契約数を獲得して上回ってしまったということなのです。近年解約率が下がっていることもありますし、対して想定以上に新規契約数の伸びは維持されているように感じます。少なくとも契約数が落ちがちな1Qですら、120件に近いペースで伸ばせているのですから。

かくいう私も、「あれ契約数ペース鈍化してない?」と心配したのですが、数字に落とし込んで過去と比較してみると全く問題ないペースでした。

これから暴落がやってくるぞ!逆金融相場の始まりだ!と買いと売りの丁半に狼狽する投資家が多い中で、数字を緻密に積み上げて中長期投資をしていくことで優位性を保てるようになりたいですし、そうやって楽しい投資ライフが過ごせるとよいですね。本日は以上です。過去最大文字数(約3000字)のブログなので拡散してもらえたら喜びます。見ていただいてありがとうございました。

ARRが軽んじられているお話

こんにちは、れもです🐶

最近IR資料を見ながら今の相場のどこにゆがみが起こっているか探している中で、ある違和感に気づきました。ARRって軽視されてるよねってお話です。

 

まず基準として、利益こそが企業価値だというのは投資の原点だと思います。売り上げが莫大でも利益率が低ければ意味がないし、どんなに企業が有名でもそれが稼ぐ力にならないのであれば絵に描いた餅でしょう。投資家たるもの(長期的であれ)どのくらい利益が上がるのかということに皆注力されているかと思います。つまり、十分な利益が出る会社を企業価値が織り込まれていない段階で先読みして投資したいですよね。ではどうやったら先回りができるでしょう。そしてこの先回りの方法こそがファンダメンタル投資の醍醐味ではないでしょうか。何か特別な素質が必要なのではなく、気づけた人が勝ちなのです。人が軽視している先回り方に自分が目を向けることの強み、投資はそのくらいシンプルなほうがいい。そう思います。

さて、ではどうやって先取りするか。それは人それぞれ、また時代によっても変わっているものでしょう。7-8年前は『進捗率投資』が流行していたようです(私はその頃まだ投資をしていませんが)。1Qの段階で進捗率が良いものを株価が織り込むまでホールド、織り込まれていく過程で離隔していくという、上手いやり方ですね。そして『四季報投資法』、四季報で変化の予兆や将来成長しそうな会社を先取りしていく投資ですね。そして『月次投資法』、これは言わずと知れた売り上げを決算前に予知して、決算後に遅れてきた投資家に売りつける、万人に知れ渡った方法です。いずれも他人が予知する前に早めに気づいて投資するという時点で共通しているでしょう。

では『ARR投資法』、これはどれほどの方が使っているでしょうか。

例えば劇的な成長を遂げているSaaS系の事業やセグメントがあるとき、会社の予想利益ベースでは保守的な予想を出されたりすると企業価値が反映されるまでに決算期をまたぐまで闇に包まれることがあります。例えを出してみましょう。

私が長期投資をしている3979うるるですが、2021/3期の3Q時点でNJSSのARRが16.8億円となっています。つまり現在を起点にするとこれから1年間で16.8億円の売り上げが上がりますよという意味です。これを中計と比較してみましょう。

f:id:investdad:20210427122922j:image

中計によると、2022年3月期の売上予想が17億となっております。つまりこれを比較すると、実は1年3か月前倒しでそのレベルに会社の成長が達していることがわかります。またその数字がすでにEVITDA9億円もの利益を生み出す水準と読み取れます(もちろん先行投資がマスクしているので見かけ上はそんなに利益が見えませんが)。同様にfondeskもARRを計算することですでに4億円ほど売り上げ水準のプロダクトになっていることがわかります。販管費や粗利率もすでに開示済みなので、この会社が実際どれほど利益が出せる会社か意外とわかりやすいんですね(粗利に含まれていない人件費の上昇で単純には計算できないけども)。

少なく見積もっても来期EVITDA10億は軽く出せそうな力を蓄えた企業ですが、先日のリリースにあったようにEVITDA赤字予想を今期予想として出してきます。どれほど投資をする計画にするんでしょうね(過去何度も大規模投資を予定するも十分投資を回収しながら黒字で着地するとは思いますが)。そして見かけ上は売上高のみ中計の上振れがあるようです。その際に注目すべきはARRがどの程度成長しているのか。そして粗利からいま実際どのくらい利益が出せる力があるのか。時価総額は120億ぽっちのこの企業に目を光らせておきたいです。

本日は以上です。

できれば単純な投資を心掛けたい

こんにちは、れもです🐶

今日は保有に大事な決算があるのですが、後出しにならないように今の気持ちを整理しておこうと思います。

 

銘柄は3550スタジオアタオです。

もう皆さまおなじみかと思います。

ホルダーも多く、個人投資家からの認知度も高いように思われます。

株価については現在519円をつけております。時価総額は73億円です。

チャートを見ていただくとわかりますが、上場後約4年が経過、過去最高株価は1635円です。過去最高売り上げは2019年の42億円、営業利益は2020年の7.8億円です。

 

さて、このスタジオアタオですが、ホルダーの方と情報交換をするとよく耳にするのは

・イルマーレが好調

・インスタで大流行

・粗利が高い人形が売れてる

確かにこれも大きな材料になるかと思います。

 

ただ個人的にはもっと大きな材料は

・百貨店、モールの回復

これに尽きるのではないでしょうか。

 

昨年は4-5月は完全に小売りが全滅していました。

しかも全国に販路を持たないこの会社にとっては、百貨店への期間限定ショップを展開できないことで、EC1本槍に頼らなければいけません。既存顧客は問題ないですが、新規ファンの創出という点においては高価格帯のブランド商品を販売するうえで大きな障害となっていたものと思われます。

しかし、ここ最近のアパレル関係の月次や昨日出た高島屋をはじめとした百貨店の売り上げ予想を見ると、アフターコロナでリバウンド消費がかなりの程度で見込まれています。

 

単純にここ4四半期(2020/4Q~2021/3Q)の売上37億に対し、以後1年が115%の月次と考えると、今期の予想は42.5億となります。

これだけで過去最高売り上げなんですね。

ではこれが120%なら、125%なら…。

 

投資って単純ゆえに信念を貫けると思うんです。

私のストーリーは単純で、過去最高売り上げを出せそうなこの会社が上場最高値の1/3の株価っておかしくない?ただそれだけです。

半年後にどのような株価に落ち着いているのか。

いまから楽しみです。

今日の決算、どう出ますかね。

中長期投資だからこそ投資を短期的にも楽しめる話

4月になりました。どうもれもです🐶

コロナショックから1年が経ちました。

でもまだ1年なんですね。株式市場が激動の毎日なので、コロナショックがもう遠い昔のように思われます。この1年を振り返ってみると、市場にチャンスが無数に存在していたという印象が強いです。

・ショックに対して空売りでショート利益を積み上げた人

・逆張りで優良企業を底値で安く仕入れた人

・コロナ特需を読んでスーパー、ホームセンター、ECなどに資金を移した人

・withコロナでのビジネスチェンジを読んだ人

・afterコロナの初動をつかんだ人

 

皆さん優秀な投資家さんですね。おかげさまで私の周りも優秀な投資家さんで溢れており、大方の知り合いは資産を1.5-2倍にしている印象があります。暴落は味方とはよく言ったものですね。

 

さて、その後の相場についてですが…、調整がこないですね。

上げ続けていますね。待てど暮らせど右肩上がりです。

優良企業は当然のように高値を付けて正直手が出ません。

そんなときにあれこれ値動きに飛び乗るとトレイダーに狩られて無駄なお金を相場に垂れ流すことになってしまいます。本当に気をつけましょうね…

 

ただ、だからこそ、こんな時だからこそ、優良株のストロングホールドが最強だと思うのです。

何を当たり前のことを言っているのだとブログを閉じようとしている方も多いと思います。しかし、ちょっと待ってください。私が日々実感しているのは単に思考停止しろというのではなく、会社が発信している優良企業たる所以を振り返ろうということなのです。

 

現在の私のポートフォリオには、以前からブログにも書き記しているように、うるる、ブティックス、アイリックがあります。

例えば、うるるについては、これからNJSSの大型アップデートが完了しARPUが大幅に上昇していく。営業利益率の高いこのSAASモデルにおいてARPUの増加がどれだけ大きなものか。しかもDAUが2%以下で推移するとしたら中期経営計画も上回る推移になっているのでは?と妄想できるのです。

ブティックスについても同様です。先日障害福祉分野のM&A事業について、新規WEBサイトが立ち上がっていることを確認して成長を感じられます。またアイリックについても度重なるASシステムの導入リリースや3,4月にかけてFC店舗の出店が連続していて、3月だけでも4店がFC展開されています。

このように優良企業だからこそ、好決算を妄想できるような、考えただけで笑みがこぼれてしまうようなあの決算発表時の瞬間に今から浸ることができるのです。

 

まるで高級品を身に着けていると気分が上がるように、中長期投資家だからこそ自分が信じぬいた銘柄を証券口座の中に保有しているという優越感に浸ってみてはいかがでしょうか。

やり続けること勝ち続けること

こんにちは、れもです🐶

中堅投資家と呼ばれるようになってきたここ最近ですが、気分はまだまだ若手です。

さて、ボラティリティの高い相場は継続してますね。その中で最近振り落としに合い悔しい思いをしたので、投資に対する思いをまとめてみました。投資はメンタルとの闘いとよく言ったものですが、どんなに期待値のあるBetを見つけたとしても私のようにそれを張り続けることができずに涙した投資家は多いのではないでしょうか。Betできる期待値のある戦略を見つけることと同じくらい、張り続けることは難しいですよね。かの有名な投資家である五月さん(最近は別の意味で有名になっていますが)は、『買うことより持ち続けることが数倍難しい』という旨の発信をされています。実は私自身が最初に買った投資本は五月さんの書籍(勝つ投資負けない投資)でした。あの方の考え方というか大局観は自分の投資スタイルに今も根付いていると感じます。なぜポジションを持ち続けるのが難しいのか。私の中で出た答えは自分が人間だからです。人間の感情で判断すると以前の価格に引っ張られて高い気がしてしまい判断にゆがみが生じてしまうのです。

例を出してみます。いまあなたはスーパーの総菜コーナーにいます。目の前で巻きずしに半額シールが貼られました。とりあえず手に取り夕飯のおかずに一品加えようとします。しかしその瞬間、あなたは歪められているんですよね。目の前で半額になったという事実が人間の感覚だと安いになってしまっているのです。バリュー投資家を否定しているわけではありません。ただこの考え方を安直に当てはめると彼らは半額シールという名のハエ取り棒に飛びつく子虫のような存在なのです。人間的な感覚で安い気がするのではなく、この株が上がる理由と下がりにくい理由をロジカルに機械になったつもりで考える習慣をつけると、自分のメンタル面の弱さ(歪みやすさ)が補填されるのではないでしょうか。

実際に渦中で戦っているときには大勢は見えません。この話で頭に浮かぶのは、かの有名な将棋棋士である羽生さんの一局です。戦局を有利に進めていてAIが99%勝ちと見通している状況で投了したあの有名な一局です。後から振り返ればなぜあの時にあの一手が見えなかったのか悔やまれたことでしょう。盤上に集中し自分との戦いをしているときは往々にして冷静に判断ができなくなるものだと思います。持ち時間が減り1分将棋となった対局のように、刻一刻と状況が変化している投資の世界では猶更落ち着きを保つのは難しいでしょう。

私たちができることは、振り返って期待値を少しでも多く積む努力をする。結果に注目しながらも過程に対してPDCAを回し続ける。人間らしい弱さを消しながら機械にはまだできない優位性を示し続ける、そんなところでしょうか。

 

投資と向き合って丸5年半となりました。当時200万で始めた資産はもうすぐ70倍が見えてきました。日々成長する自分に敬意を払いつつ、自分に良い影響を与えてくれる投資家仲間に感謝しつつ、壁にぶち当たるまで戦い抜きたいと思います。

2021年3月末の雑感でした。

 

保有銘柄の3Q (ブティックス編)

ブティックスの3Qの説明資料が出てきましたね。

IR照会をして今後の伸びに確信を持っていたものがようやく資料に出てきた感があります。

 

以下抜粋あり。

↓↓

Ⅰ)M&A事業について

Q.当期末時点でM&Aコンサルタントの人数が前期比約2倍になる見込みだが、来期の売上高は、当期の約2倍になるのか?


A.当期において、M&Aコンサルタントを短期間で戦力化する教育体制の整備や、仕組化が概ね完了したため、M&Aコンサルタントの追加採用を実施いたしました。一方で、入社してから一人前になるまでには一定の時間を要するため、単純に来期の売上が当期の2倍になるとは申し上げられないものの、中⾧期的にはM&Aコンサルタントの人数に比例して、売上高も増加していくものと考えております。

 

私の所感.

確かに社員人数は、資料の通りで今期 10人⇒18人と前年比1.8倍になっています。来期いきなりとは言えないまでも来々期を考えると来期の採用も考慮すると2倍程度は見込めそうです。このビジネスは売上計上が手数料ベースなので利益率がとても高い。かなり利益が出そうですね。

 

Ⅱ)オンライン展示会事業について

Q.オンライン展示会事業の当期の状況と来期以降の見込みについて教えてほしい。


A.オンライン展示会については、2020 年7月より開設いたしましたが、当期においては1億円の売上を見込んでおり、順調に推移しております。また、当社は、商談型展示会を開催していることから展示会の開催・運営に関して知見があり、かつ、来場者及び出展社のデータベースを保有しているため、新規参入を検討する企業に対して、アドバンテージを持っていると考えております。来期以降の見通しにつきましては、従来の商談型展示会事業の伸び率である年率 20%~30%とは異なるレベルの大幅な拡大を想定しております。

 

私の所感.

私が直接IRに聞いた際は倍々のペースで伸ばしていきたいとのことでした。これもシステム関連投資などに投資した今期で投資フェーズは終了。これからは労働集約の部分を超えてITを活用した利益創出フェーズに入りそうです。このセグメントはリアル展示会より利益率が高い。そこが倍々に伸びていくとしたら…妄想が広がります。また当然ですが、今期コロナにより落ち込んでいたリアル展示会は戻ってくることに加え、新しく札幌などでの開催が加わりこちらもオーガニックな成長が期待されます。

 

 

またこれらを裏付けるように、2年以内に営業利益5億を条件とするストックオプションを設定しています。ちなみに過去の最高営業利益は1.87億円。そんな会社が5億円の営業利益を出せたら、上場来高値5480円よりさらに高みを見に行くんではないでしょうか(本日2/26時点で2995円)。

https://global-assets.irdirect.jp/pdf/tdnet/batch/140120210113443665.pdf

 

答え合わせは1年後ですね。

ただ板が薄いのでロットを入れられないのが辛いところです…( ;∀;)

 

本日は以上です。

 

 

保有

皆さんこんにちは。れもです。

保有の記録です。

【MyPF】

ブティックス

ライトアップ

ミズホメディー

うるる

 

いずれも1年後に倍の位置にあると思ってます。

答え合わせはまたいつの日か…